スイム練習

 3年ほど苦労していたスイムの踊り場から、ようやく1段、上れたような気がします。23分30秒前後から、22分台へ。

 体が重いながらも記録は悪くなかった翌日の9日。この日も重い体のまま500mを7分37秒、7分43秒、7分35秒(他、トータル2,000m)。体調のわりにはタイムは悪くはありません。体調が戻ればどれくらいで泳げるか、楽しみな状態でした。
 そして10日、500mを7分43秒、7分41秒、7分27秒、7分22秒(他、トータル2,500m)。7分22秒は自己タイ。しかも1日に2回7分30秒を切れたのは初めて。
 11日はプール休業日。12日は、500mを7分30秒、7分50秒、7分19秒、7分27秒。遂に7分20秒切り。その直後も7分30秒を切れました。トータル2,500m。
 12日は営業が早く終わる為、750m一本勝負。結果11分17秒。650mまではきっちり50m45秒ペースを維持できました。単純に倍にして1500m22分34秒。ペース配分を間違えなければ夢の22分台突入が見えてきました。

 ただ、今の練習のペースでは、1ヶ月で40kmを越えてしまい、明らかにオーバーワーク。これまでは多くても月30km程度でしたから、このオーバーワークのつけが後から出てくるのか、それとも40kmの練習をこなせる泳力がついたのか、まだ判断はつきません。が、6月の日産スプリントまでは4ヶ月。その間、上げたり落したりしながらピークを迎えたいと思います。

 因みに、私たちのスイム練習は、常に500m単位で泳いでいます。50mとか100mとかの短いインターバルは、滅多にしません。私の究極の目標である「1500mを22分30秒」で泳ぐには50m45秒を30回続けて泳げば足ります。たぶん今私は、50mだけを全力で泳げば40秒を少し切るくらいだと思います。それでも5秒も余裕があるので、これ以上、短距離を速くするより、余裕のある5秒を持続できる練習、を考えています。500mで7分30秒がコンスタントに切れるようになったら、750m~1,000m単位へと伸ばしていく必要があるかもしれません。

 *********************

13日のカーフマン南関東ステージ。横鉄から3人参加し全員完走。いわっさんも初レースを好結果で終えられたようです。エース栗原君は、選手権で4位。彼にてとっては不満足な結果だったかもしれませんが、意識の高い人が近くにいると、こちらも大いに励みになります。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kiyo & yoko

Author:kiyo & yoko
努力は必ず報われるとは限りません。しかし、努力をしないと何も始まりません。いくつになっても努力を続けステップアップしていたいと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR