フォークダンスの手を取れば (体育館まつり その3)

 「舟木一夫」→「高校三年生」→「フォークダンス」。昭和中ごろ生まれにとってのは定番の連想?

『第31回尾山台地域体育館まつり』のフィナーレはフォークダンスでした。フォークダンス教室に通っておられる皆様は西洋の民族衣装を身に纏い、颯爽とアリーナに入場して来られました。1曲目は教室メンバーの方による踊りの披露。2曲目からメンバー以外の方々も参加して踊りの輪が広がりました。

1511012.jpg


 半世紀以上前の女子高三年生と一昔前の高校三年生、その輪に未来の高校三年生が加わる。同じ地域に住んではいるけれど日常では接点がないであろう人たちがフォークダンスで手を取り合う。地域社会のつながりの薄さや子育ての難しさが取りざたされる現代ですが、都会の真ん中で繰り広げられた、時空を超えた舟木一夫の世界であります。『世界平和には集団的自衛権よりもフォークダンスを』。そこまで大それたことは言いません。せめて『地域おこしにはフォークダンス』くらいかな。境内での盆踊りや氏神様の祭礼も、住んでいる地域を改めて感じさせてくれる行事ですが、フォークダンスで手を取り合って老若男女が踊る。まだまだ日本の未来は明るいぞ、なんて思わずほほ笑んでしまったフィナーレでした。

 ほっこりした気分で、帰りは少し遠回りしてジョグ10km。帰り着く頃には東の空に月が。今日はとても良い一日でした。

151101.jpg


にほんブログ村

 宜しければ1ポチ、お願いします。
  ↓

にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

いいね! 万国旗が美しい!!
プロフィール

kiyo & yoko

Author:kiyo & yoko
努力は必ず報われるとは限りません。しかし、努力をしないと何も始まりません。いくつになっても努力を続けステップアップしていたいと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR