古事記に残された国生みの伝説。日本で最初に生まれたのは淡路島(淡道之穂の狭別島。そして2番目が四国(伊予之二島)。その後、隠岐島、九州、壱岐島、対馬、佐渡島と続き、本州は8番目に生まれました。古事記に書かれていることは必ずしも史実ではないかも知れません。確かに、とてつもなく誇張されていることやあり得ないような比喩、そして何より作られた当時の権力者の意向などが盛り込まれていることは間違いないでしょう。
 だからと言って、全てが作り事(フィックション)で、歴史書としては偽書で価値のないものとして片づけられるのもでもないように思います。国生みの順番だけでなく、その他の神話にしても何かしらの真実が隠されているのではないか、と思います。さて、その国生みの順番。何故、淡路は一番、四国は二番?そしてキヨタの生まれ故郷の四国が伊予之二名島と名付けられたのは何故?
 
 古事記では、四国は体一つで四つの顔を持つ、と記されています。そしてそれぞれの顔に名前が付けられました。その意味と現在の県名を繋げると、次の通りです。
1、愛比売(えひめ)=麗しい乙女=現在の愛媛県
2、飯依比古(いいよりひこ)=飯を造る(農作業に励む)男性=現在の香川県
3、大宣都比売(おおげつひめ)=五穀を産む女性=現在の徳島県
4、建依別(たけよりわけ)=雄々しき男性=現在の高知県
 名前から分かるように、四つの顔は男女2組に分けられ、それぞれの組み合わせに名前が付けられ二名島になったと推測されます(ただ、これを現在の夫婦同姓問題に繋げますと話が複雑になってしまいます)。では、誰と誰がペアになったのでしょう。因みに、夏の高校野球が各都道府県で1校ずつ出場できるようになるまでは、四国地区は北四国(香川と愛媛)と南四国(徳島と香川)で各1校ずつしか出られませんでした。四国の中央を東西に縦走する四国山地を考えますと妥当かも知れません。ただ、上の名前からですと、飯を造り五穀を産む香川と徳島、乙女と勇猛な男性である愛媛と高知のような気もします。いずれにしても愛媛は古来より女性の国だったようです。愛媛県北条市(現松山市)出身の早坂暁さんによれば、愛媛の男性は温泉に浸かり過ぎてふやけているとか。ただ、これ以上突き詰めようとすると、それこそライフワークにまでなりかねませんから、ここではこれくらいに。と言うか、何故、このような話から始まってしまったのでしょう。

 12月20日、京都で全国高校駅伝競走大会が開催されます。男子は66回目、女子は27回目です。全国大会では現在は上位8位までが入賞です(かつては10位までが入賞だった頃もあります)。通常の年は47都道府県から各1校が参加するのですから、8位入賞はかなり高いハードルです。因みに5年ごとの記念大会にはそれに加えて全国を11の地区に分けて大会が開催され、都道府県代表以外で最上位になると地区代表として参加することができますから、もっと熾烈な争いになります。
 過去、男子65回の大会を通じて、まだ入賞した学校のない県が6県あります。北陸4県(新潟、富山、石川、福井)と沖縄。そしてもう一つがなんと、愛媛です。過去の県代表の最高順位は16位(宇和1回、今治北2回)です。入賞にほど遠いどころか、近年ますます、全国との差が広がっているようにも感じます。高校野球の甲子園に例えると、まだ準々決勝に進出したことがない、となります。キヨタの母校、今治北も全国大会に出られなくなって10年余りになります。毎年「今年こそは」と期待するのですが、大相撲の稀勢の里みたいなものです。ただ、私が41年前に愛媛県大会に出た時の結果と比べますと、大したものです。
 その男子の愛媛代表、今年は宇和島東、そして記念大会の地区代表として八幡浜の2校です。県予選では4校が2時間10分以内という、私の知る限りでは今までにない高いレベルだったようです。ただ、その分、選手が分散してしまっているのかも知れません。
 それでも両校には期待したいです。全国の県予選のタイム順ですと30位、八高も39位。全国大会では、出場校のゼッケンは北から順に付けられます。愛媛は38。このところ、このゼッケン番号より速い順位でゴールできません。予選会は各地によって、コース状況や天候、ライバル校の有無によって一概に同じ土俵で比べられるものではありませんが、それでも予選記録30位と言うのは楽しみです。入賞は無理でも20位前後は狙って欲しいものです。愛比売男児、頑張れ。因みに、各地の予選会で2時間8分以内が22校。宇東は2時間9分00秒です。
 
2年の時、県大会で1区(10㎞)を走りました。当時の専門種目は400m。それが1区を走るのですから、チーム成績は推して知るべし、です。1,2年生ばかりで、他のメンバーも、短距離から投擲、跳躍が専門ばかり。3年生の時こそは、と意気込んだのですが、学校から許可がでませんでした。左側が私です。

1512195.jpg

それでも、学校の名前を背負って走るのは楽しいものでした。

1512192.jpg

1512193.jpg

この写真のポイントは、フィールドで待機している女子選手の視線の先?
1512194.jpg

Triathlon Team Big Lake での私の愛称の由来です。
1512191.jpg

宜しければ1ポチお願いします。


にほんブログ村


にほんブログ村
Secret

TrackBackURL
→http://kiyoandoyoko.blog137.fc2.com/tb.php/679-3f20e285