大晦日今治ママちゃりサイクリング その2 「ワシの生け簀は瀬戸内海」

1501154_20160115204459573.jpg

1501153_2016011520460631f.jpg

 波方駅から北西へ1㎞余り、今治市の北西部にある小部(オベ)という小さな漁港。サイクリングコースからは外れ、おそらくガイドブックにも載っていない漁港です。その片隅にある掘立小屋に誇らしく掲げられた看板は『ホワイトハウス』。名前倒れの小さな小屋ですが、何だろうと思い近づいてみました。何となく、自分に合いそうな匂いがしたのです。すると岸壁にいた初老の男性から「何してるの」と声をかけられました。「横浜から来てサイクリングをしています。面白そうな看板なので立ち寄ってみました。」と告げると中に招き入れてくれました。怖いもの見たさ?で入ってみると中では地元の方々4,5人が無事に終えた一年の労をねぎらいながら、ドラム缶で作られたストーブを囲んで団欒しておられました。皆さん、地元でずっと生活をしてこられた方ばかりのようです。そして私に声をかけてくださった男性がこの『ホワイトハウス』の大統領でした。
ストーブの上では、するめや魚が焼かれていました。「ワシらは、魚が食べたくなったら目の前で獲って来るんよ。料理屋には生け簀があるじゃろ。」そしてその後に大統領がいて言葉がこれ。「ワシの生け簀は瀬戸内海じゃ。」
私は、程よく煮込まれたおでんをごちそうしていただきました。とても美味しく、サイクリングで冷えた体は暖まりました。熱燗も勧められたのですが、流石に自転車なのでお断りしました。残念。

1501155_20160115204609504.jpg

1501156_201601152045021db.jpg


しまなみ海道を中心に、サイクリストの聖地と呼ばせていますが、ロードレーサーで駆け抜けるだけでなく、のんびりママちゃりサイクリングで地元の方々と触れ合うのも楽しいものです。行政主導の地域おこしや移住促進も悪くはないでしょうが、地元で暮らしておられる方々の何気ない日常に触れ温かみを感じることで、改めてその場所の良さが身に染みることもありますね。

最後に大統領から「ホワイトハウスを宣伝してくれ。」と言われました。ホワイトハウスと大統領の写真はご本人の許可(というより積極的な依頼)を受けて載せました。

ここまでで実家を出てから30㎞。今日の予定の半分を過ぎました。ここからは今治市最北端の大角鼻を目指します。

大晦日にも農作業に勤しむ方がおられました。
1501151.jpg

信仰の篤い地域です。
1501157.jpg

難地名です。さて、何と読むでしょうか。正解は次回に。
1501152.jpg

宜しければ1ポチお願いします。
  ↓

にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

 『ワシの生け簀は、瀬戸内海』と、宣う〟〟
負けましたア~ 脱帽! です。

育ち来た此の海辺を、狭っ苦しいと思っていた。

あの日、犬吠埼に立ち 「地球はまるい!」と、
大手を広げ満ち足りた気分を味合ったが、それは
僅かに二日間の事・・・・・
プロフィール

kiyo & yoko

Author:kiyo & yoko
努力は必ず報われるとは限りません。しかし、努力をしないと何も始まりません。いくつになっても努力を続けステップアップしていたいと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR