大晦日ママちゃりサイクリング 今治歴史散歩

 漸く、大晦日ママちゃりサイクリングも終盤に入りました。
 大角鼻から瀬戸内海沿いに南東へ2㎞。波方町の中心地にある「玉生八幡神社」。639年に舒明天皇が伊予に下向された時の出来事が縁起です。改めて、来島海峡の歴史の中での重さが感じられました。

1601237.jpg

1501231.jpg

本殿は小高い丘の上にあり、波方の町が見渡せます。

1601239.jpg

1601236.jpg

1601238.jpg

1601234.jpg

1601235.jpg

境内には土俵がありました。こうしてみると、やはり相撲は神事なのでしょう。

1601233.jpg

 神社の近くに「焼玉(やきだま)エンジン」が展示されていました。焼玉エンジンとは、焼玉と呼ばれる鉄球を熱し、その熱によって燃料を気化させ燃焼さて動力をえる仕組みです。

16012310.jpg


取り扱いや整備が簡便化ことから小型船に適していたそうですが、出力を上げることができないこともあり、第二次世界大戦後はディーゼルエンジンに移行されました。今ではこのエンジン音も聞かれなくなりましたが、子供の頃、瀬戸内を往き来していた小型船が響かせていたエンジン音「ポン、ポン、ポン…」。懐かしい響きです。以前、菊池寛の小説『父帰る』を上演していた芝居を見に行きましたが、瀬戸内の情景を思い起こさせる効果音として焼玉エンジン音が使われていました。菊池寛は高松出身なので、そのような演出がされていたのでしょう。

 波方から更に市街地に向け波止浜へ。ここは黄檗宗(おおばくしゅう)円蔵寺。黄檗宗は禅宗の一つで、本山は京都の宇治にある萬福寺です。中国明朝の伽藍様式が取り入れられています。

16012312.jpg

16012311.jpg

 2015年の大晦日は、楽しい人や懐かしい音、そして今治の歴史に触れることのできた良い一日でした。

宜しければ1ポチお願いします。
  ↓

にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

「ええとこじゃねえ~~、」 わが今治は〟〟〟
ひたすら遠くへ行きたいと、生きて来たけれど〟

枕辺に聴く「ポン・ポン・ポン・・・」 焼玉
エンジンの音。 「ボ――・ボ――・・・」と霧笛。

淋しかったネ・・・・・
夜は、ひろみを胸抱き キヨを背に負ぶった形に
一つのおふとんに三人くっ付いて眠ったよねっ
 「父ちゃんは、お船」 と、言いながら・・・
プロフィール

kiyo & yoko

Author:kiyo & yoko
努力は必ず報われるとは限りません。しかし、努力をしないと何も始まりません。いくつになっても努力を続けステップアップしていたいと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR