妙見山古墳(今治市)

1602087_201602211533368c3.jpg

 今治市内には幾つもの古墳があります。その一つが市の中西部の大西町にある『妙見山古墳』。1966年に調査が開始され前方後円墳であることが判明しました。 長さは56m。幅33mの台形の前方部と直径39mの円形の後円部が連なった形状で、 教科書に出てくる『仁徳天皇陵(大仙古墳)』と同じ形状です。古墳時代の初期、3世紀から4世紀に移る頃に造られたそうです。卑弥呼の時代から50~100年ほど後の頃です。

 妙見山古墳の特徴の一つは、高さ80mの小高い丘の上に築かれていることです。仁徳天皇陵は平地部に石組みや盛り土をして作り上げられているのに対し、妙見山古墳は丘の上の花崗岩の岩盤を削り出して造られています。ですから長さや規模では遥かに及ばないものの、高さ36m弱の仁徳天皇陵よりは遠くからも見えたのではないでしょうか。

 仁徳天皇陵は大阪府堺市にありますが、当時、浪速の海に面してこのような墳墓が築かれた目的の一つとして、中国からの渡航者も含め、瀬戸内海を渡って大和に入って来る人たちに対する示威であったとも言われています。大きな古墳を築く勢力と財力、技術力があることを誇示するランドマークだったのかも知れません。その観点からしますと、妙見山古墳も九州から豊後海道を渡り、四国北岸沿いに大和に向かう人々にも、日に輝く花崗岩の墳墓は大きな感慨を与えたのではないでしょうか。

妙見山古墳の遠景。今でこそ樹木で覆われて普通の丘と見間違いますが、造られた当時は花崗岩が剥き出しだった筈です。
1602082_201602211533316d8.jpg

登った先にはどのような光景が広がっているのでしょうか・
1602089.jpg

古墳の頂が見えてきました。
16020810.jpg

後円部から見た前方部。
16020813_2016022115333728b.jpg

古墳の周囲には複製の土器が並べられています。
1602084.jpg

1602083_20160221153333936.jpg

古墳の南端から望む瀬戸内海(斎灘=いつきなだ)。きっと海を行き来する古代人からも墳墓がはっきり見えたでしょう。
16020812.jpg

前方部の石棺が納められていた場所です。
1602085.jpg

古墳裏の道。木陰から古代人が飛び出してきそう?
1602086_2016022115265167e.jpg


にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kiyo & yoko

Author:kiyo & yoko
努力は必ず報われるとは限りません。しかし、努力をしないと何も始まりません。いくつになっても努力を続けステップアップしていたいと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR