今治市内で今、私が一番好きな場所です。小島の頂きにある司令塔跡からの眺めです。標高は80m位しかありませんが、それがむしろ海が真下に見え、天気の良い日には瀬戸内の島々だけでなく、西日本最高峰の石鎚山系など四国の山並みも望めます。360度遮るものがありません。ここに立ちますと、来島海峡が水運の地としてどれほど重要だったのか、改めて感じることができます。日露戦争当時に要塞がここに築かれたのも納得できます。さらに歴史を遡りますと、村上水軍の拠点、北前船の航路、道真左遷の旅路、遣唐使や遣隋使もここを通ったのではないでしょうか。神代の時代には神武東遷もここ?景観だけでなく、小島を訪れますと、長い長い時の流れを感じることもできます。
天気の良い日にはお弁当とビール、お気に入りの本の一冊も持ってひねもすのんびり過ごすのもよいでしょう。

南東方向、来島海峡大橋越しに今治市内、更に遠く、石鎚山が聳え立ちます。
16040240.jpg

南南東方向には湾の奥に波止浜の街並み、そして高縄山が望めます。
16040212.jpg

南には波止浜から波方への道。
16040241.jpg

灯台の向こうにある小さな島は、村上水軍の居城の遭った来島(くるしま)。
16040216.jpg

北西方向は安芸灘。広島県の島々です。
16040217_20160413223456917.jpg

東方向は来島海峡大橋越しに大島が目の前に見えます。
16040210.jpg

16040213_20160413223417791.jpg

ここが司令塔跡。ここに立ちますと、まさに気分は司令官。
1604023.jpg



にほんブログ村
Secret

TrackBackURL
→http://kiyoandoyoko.blog137.fc2.com/tb.php/717-fd08e94f