今から凡そ40年前、1972年2月、テレビの生中継の画面を見続けていた。当時14歳。クレーンに吊るされた鉄球が建物ををを壊していた。舞台は長野県軽井沢の浅間山荘。作り物ではなく、現実に起こっていた事件だった。連合赤軍と言うのが何なのか、知らなかった。ただ、その場面は、ひょっこりひょうたん島や巨人の星しか知らなかった私にとって、大人への入口を垣間見た2度目の出来事だった。永田洋子という名前と共に記憶され続けている。その浅間山荘が中国系企業に買い取られていたと、2月26日の朝日新聞夕刊に掲載されていた。永田洋子も先日、獄死した。
 
 1960年と1970年の安保闘争と学生運動。その10年後の1980年。私は大学4年生。ノンポリの私だけでなく、殆どの学生にとっては60年、70年は既に過去の出来事になってしまっていたようだ。もし、というのがあれば、もし私が10年早く生まれていたら、どうしていただろう。

 龍馬が「日本の夜明けは近いぜよ。」と言ってから140年。新宿西口広場で若者が「夜明けは近い…。」と歌ってから50年。何時になったら日本の夜は明けるのか。それとも、既に明けているのか。
 
***************************:
花粉症か風邪か。微熱と鼻水で、練習は休み。早めに仕事を切り上げて、休養中。
Secret

TrackBackURL
→http://kiyoandoyoko.blog137.fc2.com/tb.php/73-1e41a637