しまなみ海道の次のお立ち寄りお奨め場所は、大島にある「亀老山(きろうさん)展望台」。

1605141.jpg

尾道からですと、「伯方大島大橋」を渡り終わり、推奨コースをそのまま南下すること凡そ10㎞。コース左側に上り口の立て看板が見えます。時間に余裕のある方は、島の中を縦断する推奨コースを辿るより、大橋を降りた後、反時計回りに島の西海岸沿いを走る外周kじょーすの方が快適だと思います。こちからですと、途中にバラ園があり、そこから東へ島の内部を入って行きますと上り口に出ます。ただこの立て看板はとても小さいのでお見落としのないように。
上り口から約3.5㎞で300m近くを上ります。最初の1㎞程は割に楽な上り坂ですが、残り1㎞程からは厳しい傾斜になります。季節や曜日、時間帯によっては乗用車の通行も多いので山肌沿いにカーブが続くセンターラインのない道は、十分にご注意の上、走行されてください。
 
 季節がら、山藤が心身を癒してくれました。
1605104.jpg


 そして上りきった展望台からは、こんな景色が望めます。以前。JRのCMでも使われていた場所ですから、見覚えのある方も多くおられるでしょう。それでも自分の足で上ってきた達成感と会いまった展望台からの景色は息を飲むほどです。

 夕日が沈む時間帯は筆舌に言い尽くしがたいほどですが、自転車で上られる場合は下り坂のスピードとコース取りには細心の注意をお払いください。今回のGWには2度上りましたが、いずれも夕日まで待てる時間がなかったのが残念です。

1605241.jpg

1605142.jpg

 そしてこの展望台へ上ったご褒美のもう一つが「藻塩アイス」。汗をかいた後の塩味が利いたアイスクリームも絶品です。

1605243.jpg

1605245.jpg


 上り口まで下りた後は、推奨コースを南下するより、もう一度バラ公園へ戻り、再び外周コースを進むのが良いでしょう。外周コースには小さな集落や漁港があり、景色だけでなく、瀬戸内の島で暮らす人との触れ合いもまた楽しめるかと思います。

 しまなみ海道は、季節や時間帯によって様々な顔を見せてくれ声をかけてくれます。一度と言わず二度三度、訪ねてください。トレーニング(若しくは刺激を求めること)が目的の方は、それぞれの島の外周コースを巡ってみてください。けっこうタフなコースですよ。しまなみを楽しみたい方は日程や時間に余裕を持ち気の向くまま、推奨コースを外れガイドブックにも載っていない路地にも入ってみてください(路地内や集落近くではスピードを抑え目にお願いします)。思いがけない出会いが待っていると思いますよ。


にほんブログ村
Secret

TrackBackURL
→http://kiyoandoyoko.blog137.fc2.com/tb.php/731-bac4bbe3