7月31日(日)。愛媛県今治市で『海上自転車競争』が開催されます。造船の町、しまなみ海道発着の町、そして水城のある町、今治ならではのイベントです。今のところ全国でも他にこのようなレースはないそうで、今治を全国に発信できる代表的なイベントをめざしています。
ところで『海上自転車』とは。水に浮かぶフロートを2台、左右に双胴船のように並列させます。その間にペダルのついた自転車のフレームを乗せます。そしてペダルを漕いで、海上(今治城のお堀)を走ります。自転車(船)は大会主催者が用意してくれます。
自転車競走と言っても、ロードレースや競輪とは異なり、高校生から年配の方まで幅広く楽しめるようになっています。 
 (映像・画像や大会案内は↓)

https://www.facebook.com/AQUATEC.CYCLE.RACE.PROJECT/?pnref=story

 ところで何故、会場がお城の堀なのに海上なのか。お城の堀なら水上でしょう、と言われるかもしれません。それは、今治城は藤堂高虎により築かれた全国でも極めて珍しい海城だからです。今治城の内堀は瀬戸内海と直接つながっています。ですからお堀は淡水ではなく海水で満たされています。潮の満ち引きの影響も受けますし、泳いでいる魚も海水魚だけです。そのお堀を走るので、名実ともに『海上』なのであります。

レースの距離は600m。個人戦とチーム戦(1チーム5人)ではタイムを競います。私たちは個人戦にエントリーしました。ただ、二人とも海上自転車未体験(実物を見たこともありません)。自転車の乗り心地がどのようなものか見当がつきません。恐らく地上を走るよりも水の方が抵抗は大きいでしょうから、ペダルを漕ぐ重さやそれに合う回転数はどのようなものでしょうか。想像もつきません。因みに昨年は800mで個人戦の優勝タイムは3分34秒。スタートしてからスピードに乗るまで、そして折り返しの減加速の時間も考えますと、普段、私たちがやっているトライアスロンの自転車のような持久系ではなく、無酸素運動に近い瞬発力が求められるかもしれません。
また、今年から自作船の部が新設されました。この部では、参加者自身が作った自転車を持ち込みます。単に速さだけでなく、船のデザインなども審査の対象になるそうです。奇抜なアイデアやデザインの船が参加されるのではないでしょうか。

チーム戦や個人戦への参加にはまだ余裕があるようです。全国の自転車好きの皆様、是非、海上自転車を体験しに今治に来られてください。また、参加するだけでなく、参加者(特に自作船)の奮闘ぶりを堀端から応援しに来られてください。

※情報は公式WEBサイトを参考にさせていただきました。




にほんブログ村
Secret

TrackBackURL
→http://kiyoandoyoko.blog137.fc2.com/tb.php/740-1ef703b2