引率しているのはキヨタの父。女性を数名率いている。いずれも母の血筋の女性のようだが、見覚えのない女性もいる。一緒にいる従妹に、その女性の名を尋ねてみた。「○○○おばちゃんだよ。」との答え。それなら見覚えがないのも無理はない。おばちゃんに最後に会ったのはもう40年も前のことだろう。おそらくおばちゃんも私の顔は分からないだろう。後で挨拶しなければ。でも皆、慌ただしくしている。明日の朝には旅立たなければならないようだ。
父の横に座り、尋ねてみた。「いつ帰るの?」。父の口が動こうとした刹那、目が覚めた。

8月15日、東の空が白み始めている。五山の送り火を待つことなく、そしてまた会う約束を交わすことなく、戻ってきた父は帰って行った。

♪夢でもし逢えたら、素敵なことね。
 あなたに逢えるまで 眠り続けたい♪
 (作詞 大瀧 詠一)


にほんブログ村
Secret

TrackBackURL
→http://kiyoandoyoko.blog137.fc2.com/tb.php/752-5d1769e3