16091813.jpg

2016年4月に開館された「京都鉄道博物館」。展示面積では現在、日本最大だそうです。館内には往年の車両を始め、鉄道に関する資料やジオラマ(鉄道模型)が所狭しと展示されていました。訪ねたのが夏休みだったため、館内は多くの家族連れが詰めかけ、なかなか落ち着いて観覧することはできませんでした。また、展示されている車両が作られた感があり(城郭に例えれば、コンクリートで再建された天守閣のような物)、実際に走っていた車両の感じがしなかったのは残念でした。それでも40年ほど前に乗った寝台特急の車内が再現されていたり、写真でしか見たことのなかった車両に触れることができるなど、アラカンのおじさんでも十分楽しめる施設でした。


1609189.jpg
雷鳥は関西と北陸を結ぶ特急でした。いまはサンダーバードと言う愛称になっています。
こだまは言わずと知れた名特急。

1609188.jpg

くろしおは大阪と南紀間の特急。いまでもその愛称は残っています。車体はこだまに似ていますが、飛び出した鼻が特徴です。こだまが優等生なら、くろしおは腕白小僧という印象です。

16091814.jpg

16091810.jpg

20~30歳の頃、帰省や出張で乗ったブルートレインの模型。
1609182.jpg

ブルートレインの食堂車輌がレストランとして利用されています(但し、外観だけの造りものですが)
16091817.jpg

16091818.jpg

16091819.jpg

16091816.jpg

1609186.jpg

客車式B寝台車(3段式)。こんな狭いベッドですが、憧れの空間でもありました。東京~宇野間の「瀬戸」、東京~広島~博多間の「あさかぜ」はしばしば利用しました。30年前、仲間と初めて皆生トライアスロンに参加するため乗り込んだ「出雲」で語り明かしたのもこの座席でした。
1609185.jpg


「伝言板」。今は見かけません。 
16091815.jpg

昭和の駄菓子屋を再現した展示もありました。

1609187.jpg

どうしても外せない新幹線0系の先頭車両。夢の超特急。
16091811.jpg

大きなジオラマ。車輌が運行為されるのは1時間に1回。順番待ちで入れませんでした(運行されていない時間帯は自由に見学できます)。
1609183.jpg

1609181.jpg

博物館のテラスの間近を新幹線や東海道線が走ります。遠くに見える東寺。こちらもワクワクさせてくれる光景です。
1609184.jpg


にほんブログ村
Secret

TrackBackURL
→http://kiyoandoyoko.blog137.fc2.com/tb.php/758-4095b522