161018.jpg

終戦直後、今から凡そ70年近く前、2階への階段を上りドアの隙間から蠱惑の世界を覗いていた女学生。そこでは大人の男女がダンスを踊っていました。ドキドキしながら大人の世界を垣間見たのでしょうか。

 今治市の中心地にあるラヂウム温泉。
大正10(1921)年ころに建設着手された温泉は6年後、昭和2(1927)年に開業されました。

161017.jpg

昭和20年の空襲で今治市街地は殆ど焼けつくされてしまいましたが、この温泉の建物は生き残りました。一説によりますと、米軍はキリスト教系の建物には直接爆弾を投下しない、と言う暗黙の規定があり、尖塔のあるこの建物は教会に見えたので難を逃れた、とも言われています。ただ真偽のほどは定かではありません。
戦後は、1階が浴場で2階にはダンスホールがありました。そのダンスホールへ通じる階段が当時の女学生にとって大人への階段だったのかも知れません。

16105_20161030213429bff.jpg

昭和42(1967)年には、3階を増築し『ホテル青雲閣』開業しました。昭和63年(1988)年にサウナやスチームバスなどが採り入れて尖塔のある銭湯になりました。この頃、キヨタは小学生から大学生の頃。しばしば前を通りましたが、銭湯に入ったことはありませんでした。戦後の女学生と違い、何となく立ち寄りがたい、外から見るだけ、と言う感じもありました。どちらかと言えば、銭湯よりホテルのイメージの方が強かったように覚えています。それと、近隣は市内の繁華街。世間知らずの子どもが日暮れ後に近づける場所でもなかったように思います。

16102_20161030213425d93.jpg

そして平成3(1881)年に2階のダンスホールはクラシックバレー教室として使用されるようになりました。

 そんな歴史のある温泉も、その後の時代の移り変わりに伴い、ついに平成26年(2014)年に90年に及んだ先頭の歴史の幕を降ろしました。現在、国の登録有形文化財に答申され、建物の保存が図られています。

 今治の町の様子も変わりつつあります。そのような状況で今後、どのような形で保存されるのか、或いは補強をして営業が再開されるのか。見守っていたい、と思います。

161016.jpg

当初は、女湯が右、男湯が左だったそうですが、女湯脇に道路が出来てから入れ替わったそうです。

161023.jpg

161021.jpg

回数券。

161022.jpg

銭湯に欠かせない黄色い風呂桶と牛乳石鹸(良い石鹸)。

161020.jpg

電気マッサージ。1回10円。

161015.jpg

161013.jpg

脱衣所を経て、銭湯内へ。

161010_20161030213501713.jpg

161011.jpg

16109_201610302135005ac.jpg

ドライとスチーム両方のサウナがあります。

16103_20161030213426dd0.jpg

狭いながらも露天風呂もあります。

161024.jpg

下駄箱脇の獅子脅し。

16106_20161030213455314.jpg

建物内の傷みも。

161012.jpg

脱衣所の天井は八角形。

16101_201610302134245f6.jpg

ホテルの一室。一度は泊まってみたかったです。


にほんブログ村
Secret

TrackBackURL
→http://kiyoandoyoko.blog137.fc2.com/tb.php/765-8f38c07e