携帯電話会社のテレビコマーシャルで、高校生くらいの男女20人ほどが、「親孝行がしたい、でも、やり方が分からない。」と、明るく合唱している。コマーシャルの主旨は、携帯電話に学生で加入すれば、家族(親)の通話料が割引になる、ということのようだ。それで親孝行ができる、というのだろう。その主旨はさておき、捻くれ者の私としては、そんなこと、明るく歌えることか?と思う。

 親孝行のやり方、確かに分かりません。何が出来るのか、何をして欲しいのか、それとも何もして欲しくないのか。普段、一緒に住んでいたり近くに住んでいて良く顔をあわせているのならまだしも、遠く離れて暮らしていてはなおのこと。どうすればいいの、何もしなくていいの。明るい日差しの中では考えられません。

 ただ、今はヨーコと二人、それぞれの目標に向けて、今日も心に太陽を持って生活しています。そして、本を読んだり文章を書いたりすることが億劫でない環境に育ててもらったことを嬉しく思っています。そのことは報告できます。

 **********************
 熱は下がったものの、鼻声と、痰の絡みは未だ続いています。5日連続、練習は休み。でも、取り戻すには時間は掛からないと思っています。
 

 

 
Secret

TrackBackURL
→http://kiyoandoyoko.blog137.fc2.com/tb.php/77-c2f1e3bb