17012916.jpg

 「多岐宮古墳」から県道へ戻り南東へ300m程の所にある「樹之本古墳」。前方後円墳ですから時代的には他の朝倉の円墳より1世紀以上は古いはずで、相応の勢力を持った一族の長のお墓かも知れません。ここからの出土された埴輪などは東京国立博物館にも保存されているほどの貴重な物で、特に「漢式獣帯鏡」には「長相思 母常忘 楽未央」という九文字の銘があるそうです。現物を見てみたいと思います。

17012917.jpg
 
 ただ、古墳の規模は小さく、高さもありません。それと知らなければ気づかず通り過ぎでしまうかもしれません。その古墳の上には近隣にあった浄禄寺を開き、水路を作った尼僧が祀られているそうです。

 「樹之本古墳」の直ぐ近くに「一本松(根上り松)古墳」があります。こちらも小さな円墳で、台風で松の根元から銅鏡が出土したことで発見されました。古墳脇には多岐宮などへの道程を示す石碑があり、この松も一里塚として植えられたのか、とも言われているようです。

17012918.jpg

17012910.jpg

17012913.jpg

 ここから更に3㎞程南東にある一番規模の大きい「野々瀬古墳群」を目指します。
 

にほんブログ村
Secret

TrackBackURL
→http://kiyoandoyoko.blog137.fc2.com/tb.php/786-4e545dd4