朝倉古墳群(今治市) その4 野々瀬古墳群

1701313.jpg


 今治市の東南端にある「野々瀬古墳群」。6世紀後半から7世紀後半にかけて造られた円墳群。昭和初期には凡そ100基以上が確認されていましたが、戦後の食糧増産に伴い林が開墾され古墳も破壊されたそうです。現在では20基程の墳丘や石室が残っています。古墳はお墓なので大切に保存されるべきでしょうが、今を生きる人の生活も考えますと、折り合いの付け方は難しいです。

1701318.jpg

1701316.jpg

1701314.jpg

1701317.jpg


 その野々瀬古墳群の中で一番大きい「七間塚古墳」。構造や出土品から7世紀前半に造られたとみられています。墳丘の直径は18m、高さは6mです。

1701311.jpg

石室の奥行きは9m、高さは2.2mあります。石室の入り口の上に置かれている大きな石に目を惹かれます。それを支える縦に積まれた石組も丁寧に出来上がっています。1,400年の時を経てもなお、揺るぎない姿を見せています。

「五間塚古墳」は二番目に大きく、「王塚」とも呼ばれているそうです。直径は15~16m。
石室への穴を進むと、玄室(石室本体)との境の両脇に縦に袖石が構えられているそうです。
玄室の高さは2.6m、最大幅2m、奥行きは6mもあります。石材は大型の花崗岩が用いられています。

1701315.jpg

1701319.jpg


こちらは大小3つの円墳が肩を寄せ合っています。両親と子供、かな。

1701312.jpg

今回、初めて訪ねて来ましたが、朝倉にこのような古墳群があるとは思いもよりませんでした。教科書などに出て来る古墳とは違いますが、古代の人々が死者を祀る思いに違いはないでしょう。今回回った他にも、2か所の古墳群があるようです。それも合わせて、次回はもう少し時間をかけて歩いてみようと思います。


にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kiyo & yoko

Author:kiyo & yoko
努力は必ず報われるとは限りません。しかし、努力をしないと何も始まりません。いくつになっても努力を続けステップアップしていたいと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR