s_037.jpg


 自転車で今治の実家を出て凡そ50㎞。しまなみ海道走行中、広島県境にある多々羅大橋を渡り生口島へ渡った所で「ガチャン」と言う音と共にペダルが空回り。「チェーンが外れたか。」と思って見たら、何とディレーラーがフレーム本体から折れて外れていた。これでは走行不能。「あ~、何てことだ。今日は朝一からついてなかったな。」

 5月2日、朝6時15分頃、上島町の『ゆめしま海道』サイクリングに向かうため今治港に着いた。今治港から上島方面行きの高速艇には自転車を乗せることができるので、ゆめしま海道サイクリングに向かうには適したルートです。乗船券売り場には始発便の出航20分前に到着、余裕で乗船できるだろう、と思っていました。ところが窓口に着いた時には既に始発便には自転車が10台乗せられており、これ以上は無理とのこと。一番乗りは5時50分頃から待っていたそうです。正月に同じ便を利用した時、自転車は私一人だけだったので、ゴールデンウィーク中とは言え狭間の平日なので、まさか乗船できないとは思ってもいませんでした。

「さてさて、どうしようか」。次に自転車を乗せられる便の出航は凡そ3時間後、それまで待ってはいられません。自転車を今治港に置いて上島町でレンタサイクルを借りる手もあります。或いは予定を変更して岡村島へ渡り『とびしま海道』を目指そうかとも思いましたが、この日の上島訪問の目的はサイクリングだけでなく、今夏、関東在住のランニング仲間と合宿で滞在する宿との打ち合わせもあったため、この日のうちに上島町の岩城島へは渡りたい思いもありました。そこで、しまなみ海道経由で生口島まで走り、そこから岩城島行きフェリーを利用することにしました。

思わぬ予定変更はありましたが天気にも恵まれて、しまなみ海道のサイクリングは順調なスタートでした。そして岩城島へのフェリー乗り場まで5㎞ほどになった所でのアクシデントでした。ここから自転車を曳いて50㎞歩いて戻る訳にもいかず、どこかに自転車を置いてバスで今治へ帰り、車で取りに戻るしかありません。結局、この日の岩城島訪問は断念しました。

ところが悪いことは続くもので、その日の夜、スマホの上に腰を落としたため画面が損傷、これもまた使い物にならなくなってしまいました。この日、二度目の「あ~、何てことだ」。

それでも楽しいこともありました。高校の同級生とのミニミニ同窓会。私も含め6人が集い、いくら時効とは言え他言できない裏話もたくさん出てきました。9月には大人数での学年会も企画されていて、今から待ち遠しい思いです。

同級生の溜まり場
1703183.jpg


にほんブログ村
Secret

TrackBackURL
→http://kiyoandoyoko.blog137.fc2.com/tb.php/800-12c4950d