1705291.jpg

 「バイク終了時で、昨年より1分30秒ほど遅い」。
この大会には49歳から参加し始め、過去のベスト記録は51歳の2時間39分29秒。2番目の記録は昨年、58歳での2時間39分36秒。そして50歳代最後の今回の目標は過去の自分越え。その目安となる昨年との比較。スイム25分、バイク1時間20分(スイム→バイク、バイク→ランのトランジッションを含む)、そしてランで50分。トータルで2時間35分でのゴール。これが目標だった。だから、ランスタート時でトータル1時間45分36秒はほぼ予定通り。ただバイクの後半は、昨年より何だか無駄な力を使っているようで、それが不安。

「お元気でしたか」。
5月26日の金曜日の夜11時半過ぎ。例年通り土曜日午後に開催される新島トライアスロン大会に参加するため、横浜港大桟橋から旅客船に乗る。船内には始発の東京竹芝桟橋から乗り込んでいる多数のトライアスリートで一杯。いくつかのグループはかなり盛り上がっていた。この大会を通じて知り合った方々とも1年ぶりの再会を果たし、私たち二人はデッキで軽く乾杯、早々に床に就いた。東京湾を出た後も船は大きく揺れることもなく太平洋を南下、伊豆七島の一つである新島には翌朝8時半頃の到着予定。先ずは順調だった。

 「今朝出発したお客さんの部屋の掃除が終わっていないので、部屋には11時まで入れません。」
新島港に出迎えに来てくれた宿の方の最初の一言。レースの受け付けは11時からで、12時40分には開会式が始まる。輪行してきた自転車の組み立てやチェック、ウェアの用意、何より朝食を摂る時間を考えると、それほど時間の余裕はありません。
 仕方がないので、部屋に入れないまでも宿の庭先をお借りし自転車を組み立てた。部屋に入る前に受け付けを済まそうと思い、大会本部近くの港の待合所まで戻り、途中のスーパーで買ったお弁当で朝食を済ませる。11時に受け付けを終えゼッケンなどを受け取り、バイクのチェックをしてもらい宿に帰ると12時近く。大急ぎで荷物を解きウェアを準備する。そこから再びスタート場所に戻り、バイクをセットし終えたのは12時半過ぎだった。

1706032.jpg

1706033.jpg

 「春先から夏にかけて、海水温は気温の1か月遅れで上がってくる」。
 トライアスロンを始めた頃、湘南育ちの方から教えていただいた。新島大会はウェットスーツの着用義務はない。新島ほどの綺麗な海では、いくらレースとは言えウェットスーツを着て泳ぐのは勿体ない。海水温が17度を下回らなければウェットスーツなしでスタートしている。だから、毎年4月の中旬頃になると、天気予報で伊豆諸島方面の気温をチェックしている。今年は既に気温は20度を越えていた。これならウェットスーツなしで泳げる。5月になっても盛夏を思わせるような気候が続いていた。開会式前の僅かな時間で海に入ってみたが、トライウェアだけで十分だった。体感でも海水温は20度を越えていると思われた。ウェットスーツを着ていないのは私たち二人の他には、競泳用水着姿の女性選手が二人だけだった。

1706034.jpg

1706035.jpg

 「今、スイッチが入った」。
 スイムコースは1周750mの三角形を2周回。泳いでいた心身が目覚めたのは、2周回目。スイムゴールまで250m位の所だった。斜め左後ろを泳いでいた人から肩と腰を一度ずつ叩かれ、その後もぴったり後ろを付いてきて何度も足に手が接触してきた。ちょっと煩わしいので離れようと思って力を入れると自分自身の泳ぎが変わった。そのまま一気にスイムを終えた。叩かれたおかげかな。
 本当は、スタート直後から目一杯で行くはずだった。このところスイムもそこそこ調子が良くて、プールでは1,500mを24分台で泳げていた。ところがスタートしてみると、体調は良いのに気分はのんびりしてしまって、楽に泳ぎ始めてしまった。
 コースは、最初は浜辺に沿い、その後ブイを回りテトラポットの沖にでる。三角形の頂点でブイを回りスタート地点に戻り砂浜の上に置かれたブイを回り2週目に入って行く。
 最初のブイまでは集団の中に巻き込まれることもなかった。ここでバトルに嵌ってしまうと、もっと早くスイッチは入っていたかも知れない。最初のブイを回り沖へ向かう。ここは例年波が向いになりうねりもあり泳ぎ辛い。その分、海を泳いでいる実感が湧いて楽しい。スイムは凡そ100人ずつ、2分間隔に5つの組に分かれてスタートし、私は4番目の組。この辺りでは前になると前の組でスタートした人たちに追い付き始める。なおさら楽しい。二つ目のブイを回ると波に乗って更に楽しくスタート地点へ戻ることができる。
 一度砂浜に上がりブイを回るが、私はここが一番苦手。僅か20m程だが小走りすると息が上がってしまい、2周目の海に入る時に少し立ち止まってしまった。ゆっくり歩いて呼吸を整えた方が良かったかな。
 それでも、最初のブイに辿り着くまでには持ち直し、また気持ち良く泳いでいた時の接触だった。スイムゴールは25分16秒。予定より僅かに遅いが、スイッチが入っていなかったらどうなっていたことやら。
 スイムゴール直前で、後ろから声をかけられた。私の組より2分後にスタートしたヨーコだった。泳いでいる途中で追い越して行くだろう、と思っていたので意外。それでも私がバイクトランジッションでもたついている間に先にバイクに乗って行った。

                              (後半へ続く)


にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村
Secret

TrackBackURL
→http://kiyoandoyoko.blog137.fc2.com/tb.php/806-7436a268