17081903.jpg

 2,017年の夏、横浜~今治3週末連続往復の第2周目は、今治城の内堀で行われた「海上自転車競走」への参加でした。

17081904.jpg

 お城のお堀で行われるのに何故か「海上」。それは舞台となる今治城は築城の名手、藤堂高虎により築かれた海城で、内堀は瀬戸内海と直接繋がり海水で満たされているからです。その内堀の海水面を走る自転車競走大会も今年で3回目を迎えました。造船と自転車の街、今治にはうってつけのイベントです。

17081906.jpg

 大会には個人戦、チーム戦(1チーム5人のリレー形式)、そして自作船の三つの部門があります。個人戦とチーム戦は大会側が用意した自転車で、そして自作船の部は参加者自らが規定の範囲内で作成した自転車を持ち込んでの競争です。全部門を合わせ小学生から70歳代の方まで凡そ160人が参加し、暑い夏の日差しと海水面からの照り返しを受け、真剣にそして楽しい一日を過ごしました。

 個人戦とチーム戦で用いられる大会側が用意する自転車は、二つのフロートの上に車輪のない自転車を固定させたものです。ペダルを漕ぐとチェーンで繋がれ水面下にあるプロペラが回転する仕組みです。プロペラは直径50cmほどしかなく、水面近くにありますので、力を入れたり回転数を上げてペダルを漕ぐと空回りしてしまい推進力を得られません。程よい力加減でクルクル回すのがポイントのようです。私たちは2年連続での参加。初体験だった昨年は狙っていた入賞に届かず、今年こそは、との思いでの参加でした。

 コースは今治城の大手門に繋がる坂道下からスタートし、L字型に設けられたコースを往復する600mです。脚力もさることながら90度のコーナーと折り返しの位置取りも重要な勝負の分かれ目になります。

17081910.jpg

 個人戦は各組5人ずつ、十数組に分かれてのタイムレースです。スタート前の抽選の結果、私たちは同じ組でキヨタが1コース、ヨーコは3コースでの出走となりました。思わぬ形での夫婦対決となりましたが、勝ち抜き戦ではないのでお互いに好タイムを出せば良いのです。健闘を誓い合ってのスタートとなりました。

 スタート時、キヨタは昨年の反省から少し力を抜いて漕ぎ始めました。しかしこれが失敗。直ぐに他の自転車に先を越されてしまいました。海上自転車の漕ぎ方は奥が深いようです。一方、ヨーコは両隣の自転車に挟まれ接触し思うように進めていないように見えました。スタートの遅れを取り戻したいキヨタでしたが、目前を先行する自転車のプロペラが立てる泡の後ろに嵌ってしまい推進力が逃げてしまいました。それでも何とか差を広げられることなく折り返しに差し掛かりました。ヨーコは相変わらず思うようなコースを取れず苦労しているようです。
 キヨタは折り返してもうひと踏ん張りしようと思ったところ、突然チェーンが外れ海上に漂うことになってしまいました。ここで見せ場を作るとすれば、堀に飛び込んで泳いで自転車を押すことでしょうが、それにしては自転車が重そうです。しかも折り返し地点はメイン会場からはお城の石垣に隠れて見えないので、誰も見ていない所ではあまり効果的なパフォーマンスでもなさそうです。多分、ゴール直前ならそうしていたでしょう。暫しどうするか迷った末、自転車を降りフロートに捕まってチェーンを戻し再スタートすることができました。
 ただ、マシントラブルが原因だったため最後の組の後に再レースをさせてもらうことができました。結果は芳しくありませんでしたが、2回走ることができたのは幸いだったかも知れません。

17081905.jpg

 自作船の部は、参加者が工夫を凝らした自転車を持ち込んで、タイムだけでなく見栄えも合わせて競い合いました。中には途中で進まなくなったり、海上分解してしまう自転車もあり、それはそれでこの大会の見どころではあるでしょう。優勝は地元の造船会社。日ごろの技術が生かされた成果ですね。チーム戦には本格的な自転車チームも参加し団結した力を見せていました。

17081908.jpg

17081901.jpg

17081907.jpg

こちらは自走不能となり、曳航されている自転車です。
17081902.jpg


 これからも、今治を代表する楽しいイベントとして定着し広がって行って欲しいものです。


にほんブログ村 その他スポーツブログへ
にほんブログ村
Secret

TrackBackURL
→http://kiyoandoyoko.blog137.fc2.com/tb.php/814-673f0fae