17083004.jpg

 1986年7月6日に第1回トライアスロン中島大会が開催され、今年で32回目を迎え、ました。国内では、鳥取県の皆生や沖縄県の宮古島などが歴史ある人気の高い別格の大会ですが、それ以外で32回も続いている大会は片手で数えられるくらいしかないはずです。

 キヨタはその前年の9月、28歳でトライアスロンを始めたくてロードレーサーを購入しました。中学から中距離ですが陸上競技の経験があり、瀬戸内に育ったので海で泳ぐことは怖くありませんでした(但し、木槌=金槌のように沈むことはありませんが、前には進まない)。そして、翌年の宮古島や皆生へ申し込みをしましたが、当時は実績優先。参加は敵いませんでした。始めたのは良いけれど、いつになったら、どこの大会にでられるのだろう、とモチベーションが下がりかけた時、出身地の愛媛県にある中島(当時は愛媛県温泉郡中島町)で大会が開催されるとの情報を得て、即座に申し込みました。運良く、第1回の参加者165人の内の1人に選んでもらえることができ、そこからキヨタのトライアスロン歴が始まり、中島大会は1度として欠席することなく今年で32年連続参加することができました。もし、あの年に中島大会が開催されておらず、または参加することができなかったとしたら、その後のトライアスロンへの取り組みは随分変わっていたかも知れません。その意味でも、とても恩義を感じている大会です。

 ただ、キヨタが参加し続けている訳は他にもあります。

 この大会では、年齢の上下なく、背中を追いかけて行きたいトライアスリートや大会関係者の方に多く出会え、再会することができます。必ずしも、競技者としてのレベルが高い方々だけではありません。地元で地道に活動されている方々も多く参加されています。皆さんとても暖かく、楽しく、そして真摯にトライアスロンと向き合っておられます。年に1度しかお会いできないのが勿体ないような方々が沢山いらっしゃいます。たまたま宿で相部屋になった方、協議説明会で隣に座った方、大会前日の試泳中に顔を見合わせた方、大会の縁の下から支え下さっている方。その方々にお会いしたくて、毎年、中島に戻っています。

 そして島の皆さんの篤いご支援も嬉しいのです。島へ渡るフェリーで出会った方との語らい、レース中に応援をして下さった方との交流。今年は、島に住む87歳の方のご自宅にお邪魔しました。その方のご自宅は自転車コース沿いにあり、2年前にヨーコが走っている所を応援して下さり、その年の冬にはみかんを一箱送って下さいました。それまでは全く面識も何もなかった方でした。そのお礼にと、昨年の大会前日にご自宅にお伺いしたのですが、何とその一日前に倒れられ病院へ入院、ご家族にもお会いすることができませんでした。幸いにもその後、無事退院され、昨年冬にもみかんを送ってくださいました。そして、今年、再度お伺いさせていただき、漸くお会いすることができました。その方の息子さんはキヨタと同い年。縁を感じました。大会当日は沿道でご家族揃って応援してくださいました。

 このようなことは何処にでもあることなのかも知れませんが、私たちにとっては、かけがえのない出会いの場であり、心安らぐ島なのです。

 さらに今年は、このブログを読まれたのが切っ掛けで中島に初参加されたアスリートの方とお会いすることができました。大会を、そして中島を楽しんでいけたなら幸いです。



にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村
Secret

TrackBackURL
→http://kiyoandoyoko.blog137.fc2.com/tb.php/819-b2d52ce6