17090305.jpg

 運よく第1回から連続出場できていますが、「出場」として認められるのは、いったいどの時点なのでしょう。考えられるのは、
① 参加許可をもらった時。
② 参加手続き(参加費納入含む)を終えた時。
③ 参加義務である大会前日の競技説明会に出た時。
④ 前夜祭で連続出場の紹介をしてもらった時。
⑤ レース当日、スタート前の最終受付をした時点。
⑥ スイムのスタートをした時点。
⑦ ゴールした時点。

④まで終えた後も風邪気味の体調は芳しくなく、⑤まではできるけれど⑥ができるか不
安が残ります。⑤を終えれば参加と認めてはくれそうですが、自分としてはスイムスタートしなければ何となく「出場」したという気がしません。そうかと言って無理をしても自分自身が辛いだけでなく、万一があれば周囲にも迷惑がかかります。最近、トライアスロン大会でも毎年スイムでの事故が続いていますので、その当事者になる訳にはいきません。取り敢えず、明日の朝一番で海に入って少しでも寒気やダルさを感じたらやめよう、と決め床に入りました。
 因みに、スイムスキップと言って、完走としての記録は残らないがバイクからスタートできる制度もあります。しかし、スタートするからには完走を目指したいので、最初から始めるか、最初から止めるかの何れかにしようとは思いました。

 当日、朝7時過ぎに水着だけで海に入ってみました。体調に問題はないようです。それどころか、一週間ほど全く泳いでなかった割に気持ち良く泳ぐことができましたので、スタート地点に立つことを決めました。見あげると中島らしい夏の青空が広がっています。

1709101.jpg

 スイムは参加者389人を4つのグループに分け、申告タイムの速い順に1~3グループ、そして60歳以上の男性と女性全員が第4グループ。それぞれ2分ごとにスタートします。60歳未満だったキヨタは昨年までは第1グループで出ていましたが、今年から第4グループ。ヨーコと同時スタートとなりました。
 昨年までの第1グループでは後ろの方に並んでいましたが、このグループなら最初から抜け出して行こう、と意気込んで泳ぎ始めました。ウォーミングアップも十分。片道凡そ375mを2往復するコースですが、最初の折り返しをする前に前のグループに追い付きました。その後もペースダウンすることなく、多少蛇行しながらも快調に泳ぎ続けました。2往復目を終える手前でヨーコが横にいるのに気づきました。後で聞くとヨーコは最初から気づいていたそうです。これは1か月前の今治伯方島大会と同じ。プールでの1,500mはヨーコの方が2分以上速いのですが、ヨーコはウェットスーツでの泳ぎが苦手で海では殆どこの展開になります。最後の周回を終え浜に向かう所でヨーコが先行、共に全体の40~50位くらいでスイムを終えました。潮流の影響でしょうか、28分余りかかりましたが、予定の範囲内です。

 今回の目標タイムはバイクスタート時までに35分、バイク1時間20分、ラン55分の合計2時間50分。そこから各種目で合計5分短縮できれば60歳代では3位入賞が見えてきます。それなりの練習はできていた、はずでした。バイクに乗った時はスタートから33分、ここで2分の貯金ができました。バイクの出だしは悪くはありません。片道10㎞を2往復。1往復目を終えて、ほぼ予定通りのタイムです。

 ところが2往復目に入って直ぐに、エネルギーが切れたように体が動かなくなりました。伯方島大会の反省から、補給は朝から十分に摂っていたはずなのですが。30㎞を過ぎて気力も萎えてしまいました。後は、どこでリタイアしようか、とうことしか残されていませんでした。

 ランに移っても最初から歩いていました。ただ、中島は会場から島の中心地までの3㎞くらいは応援の人が多くて、歩くのは結構、勇気(?)がいります。ヨーコが折り返して来るまでは、と思いながら歩いていましたが、なかなか出会えず2㎞地点で引き返すことにし、審判の方にリタイアを告げました。10㎞に対し往復4㎞は歩いたことになり、制限時間だけなら完走できなくはない時間でした。歩いてもゴールすべきか、歩いてはゴールの意味がないのか、悩むところではありました。

 結果、完走はできませんでしたが、スイムスタートしたことで連続出場になったのだろう、と自分では思っています。ただ、出場だけ続けても自分自身としては満足できないところもあります。アマチュアですから引退はないとはいえ、どこかで歯止めを決めておかなければ、ただ続けるだけでは楽しくもない気がします。
 中島大会に出始めた頃は、ウェットスーツを着なければ泳げなくなったら参加を辞めようと決めていました。ところがウェットスーツが着用義務になってからは、2年続けて制限時間内に完走できなければ辞めようと決めています。
 今年は、それなりに練習はできていたので3時間をきれなかったどころか完走すらできなかったことにかなりショックを受けています。大会直前、風邪気味だったことだけが理由ではないようで、戸惑いもあります。ともあれ、来年は完走しなければなりません。34回連続出場できるように。

一人だけ完走タオルがないのは、やはり寂しいですね。

1709102.jpg


にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村
Secret

TrackBackURL
→http://kiyoandoyoko.blog137.fc2.com/tb.php/821-827f69bf