17101122.jpg

横浜市の中南部にある横浜市電保存館。横浜市にもかつて市電が縦横に走っていましたが、今は皆無。その廃止になった市電に関する展示館です。

17101109.jpg

17101110.jpg

日本初の鉄道が開業されたのが1872年10月14日。新橋と横浜(現在の桜木町)間を53分で結んでいました。今でも東海道線の電車で30分弱ですから、思っていた以上に速かったようです。これは、その当時の蒸気機関車と車両の模型。

17101118.jpg

市電の模型も展示されています。

17101121.jpg

17101119.jpg

実際に使われていた車両も置かれ、立ち入ることもできます。

17101123.jpg

17101125.jpg

17101116.jpg

17101124.jpg

こちらも実際に使用されていた女性の車掌の制服。

17101120.jpg

それぞれの時代の市電運賃と物価の比較表。

17101101.jpg

横浜市の歴史も掲示されています。

17101117.jpg

横浜も太平洋戦争での空襲で大きな被害を受けましたが、その復興のシンボルとして市電が希望の灯を点しました。

17101111.jpg

昨今の自然災害からの復興にも鉄道は大きな役割を担っています。

17101112.jpg

館内には、国内外を問わず、様々な鉄道車両の模型が展示されています。多すぎて少し散漫になってしまう気もしますが、一つ一つを見ていると旅情を誘われます。

17101115.jpg

17101105.jpg

四国育ちにとっては、この特急用気動車は、子供の頃の憧れの車両でした。

17101114.jpg

保存館の一番の目玉は、ジオラマ。大小3つあり、大きなジオラマは一番奥にありますのでお見逃しの無いよう。なお、運行時間は決められていますので、予め調べて訪ねてください。

17101103.jpg

17101108_201710112044112ab.jpg

17101107.jpg

運転のシュミレーションもできます。

17101106.jpg

1904年に開業した横浜市電は、1972年に廃止されました。省エネに向けて、もう一度見直されてもよいかも知れませんね。

17101102.jpg

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Secret

TrackBackURL
→http://kiyoandoyoko.blog137.fc2.com/tb.php/830-588e1ff6