スポーツイベントも中止

各種スポーツイベントの中止が続いています。市民マラソン大会で使用される水だけでもどれ程か、ということを考えれば当然でしょう。被災者の方々にスポーツで力を与えて上げられる選手は、極めて限られたトップアスリートでしょう。
 野球は好きで、年に何度かプロの試合を見に行きます。今、シーズンの開催時期を巡って様々な意見が聞かれますが、必要以上の電力を使用するナイターなんて、とんでもないと思っています。電気も通っていない被災地の方にスポーツで勇気づけるのは、もう少し後のことと思います。
 現状では、私程度の人間はプラスなる(何かをする)より、マイナスにならない(復興の妨げにならない)ように謹んでいこうと思っています。もう少し落ち着いたら何かできるはずです。

 30年程前、モスクワ五輪をボイコットするかどうかという時に、何人かの金メダル候補の選手が、自分達が五輪を目標にどれだけ練習してきたか、という言葉を発していました。主語は全て一人称だったのが記憶に残っています。二人称や三人称が主語にならない限り、スポーツの限界があるように思っていました。

 横鉄のデュアスロンも、クラブとしては中止にしようと思います。
 表向きは、メンバー皆、日常生活でも不便をきたし、通勤や仕事で疲れが溜まっていること。余震が続いている中で万一に備えること。現地に行くまでのガソリンを節約すること。いくらでも考えられます。
 が、本音は、誰からも開催、中止に関しての意思表示がないことです。おそらく、やりますよ、と言えば何人もが参加はするでしょう。しかし、誰かが言い出すのを待つことは「大人の」することではない、とう考えはずっと変わりません。
 楽しみにしている人もいるでしょうし、横浜トライアスロンに向けては絶好の機会ではあります。「やりましょう。」と言う人がいれば、事務局として最大限の務めは果たします。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kiyo & yoko

Author:kiyo & yoko
努力は必ず報われるとは限りません。しかし、努力をしないと何も始まりません。いくつになっても努力を続けステップアップしていたいと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR