1512192_20170930190034243.jpg

これは、高校3年の時、インターハイに出場した時、国立競技場のスタンドに掛けた母高の部旗。

 日が暮れると虫の音も聞こえるようになり、早くも9月が終わりました。中島のトライアスロン大会が終わりトレーニングもサボり気味。僅か1ヶ月で体重が3㎏も増えてしまいました。そんな9月ですが、後半には、様々なイベントや出来事がありました。

 9月16日、今治でキヨタの母高の同学年会がありました。卒業して42年、皆、還暦を迎えました。この日、四国地方は台風の直撃を受け、会の始まる時刻には丁度、今治市に最接近していました。山沿いの地域には避難警報が出たり、川の決壊が懸念されたりした中、80人程が集まりました。当時、1学年は400人弱でしたので、その中でも在校時から行いの悪かった者だけ集まったのでしょうか。それでも会が終わる頃には台風も通り過ぎ、市内では大きな被害はでなかったようです。今回は生徒達だけの集まりでしたが、いつかまた、恩師も交えて集いたいものです。

 恒例の還暦衣装(写っているのは私ではありません)。地元だけでなく、東京などでも活躍している同級生には励まされます。

1709301.jpg

 高校の卒業式当日の写真です。一緒に生徒会活動をしていた仲間ですが、今回は誰とも会えず残念でした。

1709305.jpg

 翌朝、実家の木の枝が折れていましたが、幸い家屋や車両が直撃されることはありませんでした。

1709308.jpg

 翌17 日、横浜へ帰ろうとしたら、JR予讃線(四国の瀬戸内海沿いに走る路線)の一部が台風の影響で不通になり代替バスを乗り継がなければならなくなっていました。出発直前の夕刻に今治駅に着いて知ったのですが、これでは予約していた岡山からの新幹線には間に合わないどころか、その日の内に横浜へ着けるかどうか分かりません。急いでしまなみ海道の高速バスで福山へ向かい、新幹線に乗車、その日の内に横浜へ着くことができました。

 バスの車窓から見える瀬戸内は穏やかな台風一過でした。

1709306.jpg

1709307.jpg

 なお、学年会前日は、今治に帰った時に寄っている「もんじゃ居酒屋だんだん」でお店の方からギターのお話をお伺いしました。学生の頃はいつもギターを弾いていたのですが、弦を抑えると指先が痛くなり暫く弾いていません。弦にもいくつか種類があることを教えていただきました。次回、実家で眠っているギターを持って行って修理をしていただくことにしました。

 その翌日の18日は、東京で旧知のトライアスリートの集いに参加しました。メインは
世界選手権の年代別で8位になったエース君。皆さん、トライアスロンやマラソンに熱心に取り組んでいる方ばかりです。多くの方とは初対面でしたが、共通の話題で盛り上がりました

1709302.jpg

1709300.jpg

 会場は渋谷駅近く。ここに降り立ったのも何十年ぶりでしょうか。危うく都会の真ん中で迷子になりそうでした。

1709309.jpg

 23日は、人生初のアメリカンフットボールの生観戦。アメフトはテレビのスポーツニュースで見る程度の関心しかなかったのですが、目の前で見ますと、選手の動きだけでなく、ヘルメットがぶつかり合う音の迫力には圧倒されました。ルールを知って、もっと面白く観られるようになりたい、と思いました。

1709303.jpg

 29日。世間ではプレミアムフライデーと言われる毎月最終金曜日ですが、取引先や顧客やとの繋がりの中では、夕方早くに仕事を終えることは難しいです。しかも今月は殆どの企業が期末を迎える9月の最終営業日でした。プレミアムフライデーを見直そうとの動きもあるようですが、当然でしょうね。
 それでも定時には仕事を終え少し寄り道をして、暫くご無沙汰していたお店に軽く飲みに出かけました。場所は西麻布。店主はキヨタより1歳下。鳥取県出身で、この地にお店を出して30年ほどになります。当時は頻繁に通っていたのですが、転勤などで足が遠のき、今回、ほぼ15年ぶりに訪ねてみました。予め連絡はしていなかったので、まだ続いているかどうか多少の不安はありました。周囲の環境はかなり変わっていましたが、お店は通いなれた場所にありました。店内に入ると調理場には15年前と全く変わらない店主の顔と体型で迎えてくれました。込み合っていましたので、ゆっくり話をすることはできませんでしたが、懐かしい味を堪能することができました。

1709304.jpg

 再会と出会いの多い2週間でした。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
 「戦時中、今治でゼロ戦の模型を作っていたんですよ」。 松山市にお住いの80歳後半の男性の方のお話です。話の初めを聞いた時は「戦時中に模型作りって、そんな悠長な。」と思いましたが、模型を作っていた理由を聞いて唖然としました。

 模型を作っていた場所は、今治市内にあった『倉敷紡績今治工場』の一隅。そこが兵器工場になっていました。太平洋戦争後期、旧制中学の生徒だったその方は、勤労学徒として動員され、ゼロ戦の模型を作っていたそうです。何故、実物ではなく模型だったのでしょうか。
 その方によりますと、
 「日本には既に新たな実物を造るだけの余力はなかった。けれど模型を数多く作ることで、模型があるくらいだから実物も数多くあるに違いない。実物が数多くあるから模型も作ることができる、と国民に思わせるためだった」。

 太平洋戦争後期、日本の敗色が濃厚になって行くにも拘らず、真実を公にせず国民の士気を高めるための施策だったのでしょう。

 そして昭和20年8月5日から6日未明にかけ(終戦の詔勅が出される僅か10日前)、この兵器工場に女子挺身隊として松山から動員されていた高等女学校の生徒の内24人が今治市への空襲から避難している途中で米軍機の襲撃を受け命を落としました。これは今治を襲った3度目の空襲。市街地の8割近くが焼け尽くされたそうです。

この方は、勤労学徒から予科練に進み終戦を迎えました。任地から松山へ帰る途中、瀬戸内の海上から空襲で今治の町が亡くなっているのを目の当たりにし涙が零れたそうです。それでも焼け残った「ラヂウム温泉」の尖塔には少し元気をもらったそうです。

 当時を知る人も少なくなり、時代もまた大きな曲がり角を迎えつつあるようです。当時の記憶を誰が伝え残してくれるのでしょう。

今治の戦前・戦中・戦後を見続けてきた『ラヂウム温泉』。

1709214.jpg

兵器工場の跡地。今は大新田(オオシンデン)公園となり野球場やグランドがあります。以前は市営プールやテニスコートもありました。平和で健康の象徴の場でもあります。

1709209.jpg

1709207.jpg

犠牲になった女学生の慰霊の碑。今治市北部の波止浜地区の円蔵時境内にあります。

1709202.jpg

1709203.jpg

1709201.jpg

キヨタの母校、今治北高の前身の県立今治女学校の生徒さん11名も避難した学校の裏山で犠牲となり、校内に追悼の碑が設けられています。僅か100m四方の学校敷地内に500発もの焼夷弾が落とされたそうです。

1709204.jpg

1709205.jpg

1709206.jpg



にほんブログ村
17090305.jpg

 運よく第1回から連続出場できていますが、「出場」として認められるのは、いったいどの時点なのでしょう。考えられるのは、
① 参加許可をもらった時。
② 参加手続き(参加費納入含む)を終えた時。
③ 参加義務である大会前日の競技説明会に出た時。
④ 前夜祭で連続出場の紹介をしてもらった時。
⑤ レース当日、スタート前の最終受付をした時点。
⑥ スイムのスタートをした時点。
⑦ ゴールした時点。

④まで終えた後も風邪気味の体調は芳しくなく、⑤まではできるけれど⑥ができるか不
安が残ります。⑤を終えれば参加と認めてはくれそうですが、自分としてはスイムスタートしなければ何となく「出場」したという気がしません。そうかと言って無理をしても自分自身が辛いだけでなく、万一があれば周囲にも迷惑がかかります。最近、トライアスロン大会でも毎年スイムでの事故が続いていますので、その当事者になる訳にはいきません。取り敢えず、明日の朝一番で海に入って少しでも寒気やダルさを感じたらやめよう、と決め床に入りました。
 因みに、スイムスキップと言って、完走としての記録は残らないがバイクからスタートできる制度もあります。しかし、スタートするからには完走を目指したいので、最初から始めるか、最初から止めるかの何れかにしようとは思いました。

 当日、朝7時過ぎに水着だけで海に入ってみました。体調に問題はないようです。それどころか、一週間ほど全く泳いでなかった割に気持ち良く泳ぐことができましたので、スタート地点に立つことを決めました。見あげると中島らしい夏の青空が広がっています。

1709101.jpg

 スイムは参加者389人を4つのグループに分け、申告タイムの速い順に1~3グループ、そして60歳以上の男性と女性全員が第4グループ。それぞれ2分ごとにスタートします。60歳未満だったキヨタは昨年までは第1グループで出ていましたが、今年から第4グループ。ヨーコと同時スタートとなりました。
 昨年までの第1グループでは後ろの方に並んでいましたが、このグループなら最初から抜け出して行こう、と意気込んで泳ぎ始めました。ウォーミングアップも十分。片道凡そ375mを2往復するコースですが、最初の折り返しをする前に前のグループに追い付きました。その後もペースダウンすることなく、多少蛇行しながらも快調に泳ぎ続けました。2往復目を終える手前でヨーコが横にいるのに気づきました。後で聞くとヨーコは最初から気づいていたそうです。これは1か月前の今治伯方島大会と同じ。プールでの1,500mはヨーコの方が2分以上速いのですが、ヨーコはウェットスーツでの泳ぎが苦手で海では殆どこの展開になります。最後の周回を終え浜に向かう所でヨーコが先行、共に全体の40~50位くらいでスイムを終えました。潮流の影響でしょうか、28分余りかかりましたが、予定の範囲内です。

 今回の目標タイムはバイクスタート時までに35分、バイク1時間20分、ラン55分の合計2時間50分。そこから各種目で合計5分短縮できれば60歳代では3位入賞が見えてきます。それなりの練習はできていた、はずでした。バイクに乗った時はスタートから33分、ここで2分の貯金ができました。バイクの出だしは悪くはありません。片道10㎞を2往復。1往復目を終えて、ほぼ予定通りのタイムです。

 ところが2往復目に入って直ぐに、エネルギーが切れたように体が動かなくなりました。伯方島大会の反省から、補給は朝から十分に摂っていたはずなのですが。30㎞を過ぎて気力も萎えてしまいました。後は、どこでリタイアしようか、とうことしか残されていませんでした。

 ランに移っても最初から歩いていました。ただ、中島は会場から島の中心地までの3㎞くらいは応援の人が多くて、歩くのは結構、勇気(?)がいります。ヨーコが折り返して来るまでは、と思いながら歩いていましたが、なかなか出会えず2㎞地点で引き返すことにし、審判の方にリタイアを告げました。10㎞に対し往復4㎞は歩いたことになり、制限時間だけなら完走できなくはない時間でした。歩いてもゴールすべきか、歩いてはゴールの意味がないのか、悩むところではありました。

 結果、完走はできませんでしたが、スイムスタートしたことで連続出場になったのだろう、と自分では思っています。ただ、出場だけ続けても自分自身としては満足できないところもあります。アマチュアですから引退はないとはいえ、どこかで歯止めを決めておかなければ、ただ続けるだけでは楽しくもない気がします。
 中島大会に出始めた頃は、ウェットスーツを着なければ泳げなくなったら参加を辞めようと決めていました。ところがウェットスーツが着用義務になってからは、2年続けて制限時間内に完走できなければ辞めようと決めています。
 今年は、それなりに練習はできていたので3時間をきれなかったどころか完走すらできなかったことにかなりショックを受けています。大会直前、風邪気味だったことだけが理由ではないようで、戸惑いもあります。ともあれ、来年は完走しなければなりません。34回連続出場できるように。

一人だけ完走タオルがないのは、やはり寂しいですね。

1709102.jpg


にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村
17090303.jpg
 
8月10日。大会の2週間ほど前、キヨタの携帯電話へ愛媛県松山市の市外局番からの不在着信がありました。松山市には友人が何人かいますが見知らぬ番号でした。強いて心当たりがあるとすれば中島大会に関することでしょうか。しかし参加への手続きは全て終えているはずだし、まさか参加費振り込め詐欺? 取り敢えず返電したところ、大会事務局に繋がりました。さて、その電話の用件は…。

 長年続けていますと、良いこともあるのでしょう。事務局の方から「前夜祭で、ご夫婦で選手宣誓をしていただけませんか。」とのお申し出。キヨタが第1回から連続出場していることと、ヨーコが昨年まで女子総合3連覇をしていたことがご指名をいただいた理由だそうです。いえいえ、こちらこそ機会を与えていただきありがとうございます、と即答でお受けさせていただきました。とは言え、選手宣誓なんて、高校の運動会以来。また、この大会はローカルとは言え地元のテレビ局が毎年放送しています。そのカメラの前で上手にできるでしょうか。ましてトライアスロン大会での宣誓なんて生涯に一度あるかどうかの機会。これはレースより緊張しますね。二人で、「何を言おうか。」、「どう言おうか。」当日会場に着くまであれやこれや考え、練習して臨みました。

 8月26日10時10分。前夜祭の日、松山の三津浜港からフェリーに乗り中島へ向かいました。この日の天気予報は朝方まで朝、その後は曇り、翌日のレース当日は晴れでした。乗船時には既に雨は上がっていたため雨具は用意せず乗りました。ところが中島に着くとバケツをひっくり返したような雨。ただ、船の方によると雲の具合から「直ぐ止むよ。」とのことでしたので、暫し港の待合所で雨宿りしていると言葉通り20分ほどで止み、宿へ向かうことができました。

17090306.jpg

 車検所や受付で、毎年お世話になっている大会後関係者にお会いしました。お一人は香川にお住まいでご自身も長年トライアスロンを続けておられます。実績も普段の取り組みも私たちより遥かに高い方ですが、いつか一緒のレースに出てみたいというのが、私のトライアスロンを続けるモチベーションの一つでもあります。もうお一人は松山にお住まいで協議説明会において司会役も務めてくださっています。今年の今治伯方島大会では一緒にレースに出させていただきました。お二方にはいつも頭が下がる思いです。

 受付後、中島にお住まいで、私たちを応援してくださっている方をお訪ねしました。レースの自転車コース脇にご自宅があり、2年前の大会でヨーコの走っている姿を見たのが切っ掛けで、お便りや蜜柑を送ってくださるようになりました。昨年もお尋ねしたのですが、何とその前日、病に倒れられ松山市内の病院へ搬送された後でお会いすることができませんでした。その後、退院されたとのご連絡をいただいておりましたので、今回改めてお訪ねし、漸くお会いすることができました。短い時間でしたが、今治出身のキヨタにとって は、とても興味深いお話をお伺いすることもできました(このご報告は次々回位に)。

 そこから帰る途中、キヨタの後輪がパンクしてしまいました。レース当日でなくて良かったとは思いつつ、3,4日前から風邪気味で体調も万全でない中、あまり気分の良いものではありませんでした。レース仲間に軽トラで迎えに来ていただき、パンク修理を終えると、説明会開始まで10分足らず。大急ぎで会場へ向かいました。

17090308.jpg


 中島の説明会は手際よく簡潔明瞭、20分ほどで終了し、そのまま隣の前夜祭会場へ向かいました。大会委員長などのお話が終わり、いよいよ選手宣誓。満点とは言えませんが、まぁ何とか恥ずかしくない出来ではあったでしょうか。後は夜、体を休め体調を戻すだけです。

大会前日の瀬戸内は曇り空。明日は中島らしい夏空が広がりそうです。
17090302.jpg

17090309.jpg


にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村
17083004.jpg

 1986年7月6日に第1回トライアスロン中島大会が開催され、今年で32回目を迎え、ました。国内では、鳥取県の皆生や沖縄県の宮古島などが歴史ある人気の高い別格の大会ですが、それ以外で32回も続いている大会は片手で数えられるくらいしかないはずです。

 キヨタはその前年の9月、28歳でトライアスロンを始めたくてロードレーサーを購入しました。中学から中距離ですが陸上競技の経験があり、瀬戸内に育ったので海で泳ぐことは怖くありませんでした(但し、木槌=金槌のように沈むことはありませんが、前には進まない)。そして、翌年の宮古島や皆生へ申し込みをしましたが、当時は実績優先。参加は敵いませんでした。始めたのは良いけれど、いつになったら、どこの大会にでられるのだろう、とモチベーションが下がりかけた時、出身地の愛媛県にある中島(当時は愛媛県温泉郡中島町)で大会が開催されるとの情報を得て、即座に申し込みました。運良く、第1回の参加者165人の内の1人に選んでもらえることができ、そこからキヨタのトライアスロン歴が始まり、中島大会は1度として欠席することなく今年で32年連続参加することができました。もし、あの年に中島大会が開催されておらず、または参加することができなかったとしたら、その後のトライアスロンへの取り組みは随分変わっていたかも知れません。その意味でも、とても恩義を感じている大会です。

 ただ、キヨタが参加し続けている訳は他にもあります。

 この大会では、年齢の上下なく、背中を追いかけて行きたいトライアスリートや大会関係者の方に多く出会え、再会することができます。必ずしも、競技者としてのレベルが高い方々だけではありません。地元で地道に活動されている方々も多く参加されています。皆さんとても暖かく、楽しく、そして真摯にトライアスロンと向き合っておられます。年に1度しかお会いできないのが勿体ないような方々が沢山いらっしゃいます。たまたま宿で相部屋になった方、協議説明会で隣に座った方、大会前日の試泳中に顔を見合わせた方、大会の縁の下から支え下さっている方。その方々にお会いしたくて、毎年、中島に戻っています。

 そして島の皆さんの篤いご支援も嬉しいのです。島へ渡るフェリーで出会った方との語らい、レース中に応援をして下さった方との交流。今年は、島に住む87歳の方のご自宅にお邪魔しました。その方のご自宅は自転車コース沿いにあり、2年前にヨーコが走っている所を応援して下さり、その年の冬にはみかんを一箱送って下さいました。それまでは全く面識も何もなかった方でした。そのお礼にと、昨年の大会前日にご自宅にお伺いしたのですが、何とその一日前に倒れられ病院へ入院、ご家族にもお会いすることができませんでした。幸いにもその後、無事退院され、昨年冬にもみかんを送ってくださいました。そして、今年、再度お伺いさせていただき、漸くお会いすることができました。その方の息子さんはキヨタと同い年。縁を感じました。大会当日は沿道でご家族揃って応援してくださいました。

 このようなことは何処にでもあることなのかも知れませんが、私たちにとっては、かけがえのない出会いの場であり、心安らぐ島なのです。

 さらに今年は、このブログを読まれたのが切っ掛けで中島に初参加されたアスリートの方とお会いすることができました。大会を、そして中島を楽しんでいけたなら幸いです。



にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村